不要な時計は専門業者に高価買取りしてもらう事をおすすめ致します!

最終更新日:2019年11月20日

時計買取での査定における主たる3つの査定基準

人差し指を立てる女性

時計買取では、もちろん査定手続きを受ける事になります。時計の状態を多角的な側面から確認してもらった上で、最終的な売却額が算出される事になるのです。

時計買取における査定では、様々な基準が設定されています。その中でも重要度が高いのは、時計を購入してからの時期です。

そもそも時計買取を行うお店としては、使用感を重視する傾向があります。中古に近いタイプの時計よりは、やはり購入したばかりの新品に近い時計が、高く評価されるのです。

ですから購入してから何年経過しているかは、それなりに価格に関わってくるのです。一般的には、1年が1つの目安になるでしょう。

例えば2000年に時計を購入したなら、できれば2000年中に時計買取の手続きを行うのが良いのです。2001年になってしまうと、多少の使用感が生じて、買取価格が下がる可能性があります。1年位ならそれほど価格は下がらなくても、更に多くの年数が経過すれば、価格は大きく下がるのです。3年や5年などと年数が重なれば、価格は下がってしまいますから、なるべく早く売る方が良いでしょう。

それと修理などに関する書類の有無も、実は時計の買取価格に関わってきます。そもそも高級な時計を保有している方々は、たまに修理などを行っているのです。オーバーホールなどを含めて、時計の調整などを行う事もあるでしょう。
もちろんそういう時は、多くの方々は時計の修理業者を活用しています。それで業者で手続きを行った時には、たいていは修理に関する書類も発行されるのです。

ポイントはその発行書類です。その書類を添付して時計買取の手続きを行う方が、売却額は高くなる傾向があります。書類がなくても売却自体は可能ですが、価格は下がってしまう事が多いです。

何も発行書類だけではありません。説明書なども時計買取の価格に関わってくるので、添付する方が良いでしょう。

それと時計が動くかどうか等も、実は買い取りの価格を大きく左右します。そもそも時計において一番肝心なのは、時刻を表示するという機能をきちんと果たしてくれる事です。残念ながら時刻を表示する機能に問題がある時計などは、ちょっと買取価格は下がってしまう事が多いです。動かない時計などは、それなりに金額ダウンは覚悟する必要があるでしょう。

ただし品物の状態が厳しくても、買取を行ってくれるお店も中にはあります。ですから厳しい時は、お店選びなども重要なポイントになるでしょう。
以上の経過年数と書類と時刻表示の可否という3点が、時計買取の査定における主たる基準になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

バイセル